福田次官、辞めるくせして、逃げてるんですか? 分かりません、接客業…|浮気調査、セクハラ、福田事務次官、福田次官、福田、週刊新潮、財務省、ダブルスタンダードについての質問

福田次官、辞めるくせして、逃げてるんですか? 分かりません、接客業…|浮気調査、セクハラ、福田事務次官、福田次官、福田、週刊新潮、財務省、ダブルスタンダードについての質問
▼興信所に依頼する前にレンタル小型GPS▼
>>自分で浮気不倫調査に!ンタルGPS発信機はコチラ
イチロク,セクハラ、福田事務次官、福田次官、福田、週刊新潮、財務省、ダブルスタンダード

イチロクで不倫・浮気調査

イチロクは、インターネット回線を通じて位置情報をリアルタイムでパソコンや携帯電話などから 閲覧出来るレンタルGPS発信機サービスです。

イチロクは、こんな用途で使用されています

・配偶者の浮気調査
・社員等の行動調査
・子供の行動確認
・マラソンなどに携帯

GPS機器のレンタルで有名なイチロクは、送料無料など様々サービスで利用者の満足度が高いのが特徴です。
しかし、一番の売りは豊富なキャンペーンです。キャンペーンを数多くやっているイチロクでは、お得な料金でGPSをレンタルすることが可能です。今回初めてGPSをレンタルしようと考えている人は、レンタルしてみはどうでしょうか?
▼イチロク キャンペーン実施中▼
イチロク
>>高性能・低価格・良サービスのGPSレンタルはコチラ

浮気調査についてご質問がありましたのでお答えしたいと思います。

福田次官、辞めるくせして、逃げてるんですか? 分かりません、接客業…

福田次官、辞めるくせして、逃げてるんですか? 分かりません、接客業の人(飲み屋のママ?)の繰り返しですし、ワケわからん事言い過ぎですし

セクハラ、福田事務次官、福田次官、福田、週刊新潮、財務省、ダブルスタンダードについてのご質問のようですね。

ではこちらの相談に答えていきましょう!

私も同じようなことを思ったことがあります。

浮気調査でどのようにGPSを利用しているのか知りたくないですか?
私はGPSを使って浮気の証拠を手に入れることができました。
GPSで追跡し相手がどこに向かったか正確に知ることができたので、その情報を元に浮気現場を特定!
証拠撮影のため待ち伏せして浮気の証拠が手に入れたのです。

慰謝料もバッチリもらい、スッキリと別れることができました。

パートナーの浮気や不倫で悩んでいのであれば、あなたも自分で調査してみませんか?
意外と簡単にできますよ^_^

管理人は買い物はこちらのサイトもよく利用しています
>>楽天で探す

では、さっそく上の質問に答えて行きましょう!

この浮気調査に関する質問に対する回答

●野党に複数存在する不倫・セクハラ議員は率先して議員辞職でケジメを付けろ

2018年4月18日

野党は、敵失と言える相次ぐ官僚不祥事に攻勢を強めている。

野党6党は、恒例となった合同ヒアリングを開き、財務省担当者に対し、

「被害者にプレッシャーをかける調査が間違っている」

「組織防衛しか考えていない」

などと集中砲火を浴びせた。

立憲民主党の枝野幸男代表も

「まさに2次被害を生じさせることを、財務省が公然と世の中に言っている」

と猛批判した。

至極最もだ。

ならば、野党に複数存在する不倫議員やセクハラ議員も、率先して議員辞職でケジメを付けるべきだ。

自分たちに都合のいい、ダブルスタンダードは許されない。



●朝日新聞セクハラを口封じ フジテレビ系「バイキング」で元女性記者が衝撃告白 胸わしづかみにされるも先輩から「我慢しろ」

2018年4月18日

元朝日新聞の女性記者が、2018年4月17日放送のフジテレビ系「バイキング」に生出演し、新人時代に取材相手からセクハラ被害に遭い、会社の先輩に相談したものの、「我慢しろ」と言われたと衝撃告白した。

財務省の福田淳一事務次官(58)のセクハラ疑惑を厳しく追及している朝日新聞だが、自社の女性記者には

「セクハラ被害の口封じ」

を強いていたのではないのか。

フジテレビ系「バイキング」では2018年4月17日、福田次官のセクハラ発言疑惑について、取り上げていた。

「女性記者とセクハラ」の実態を知るという、元朝日新聞の女性記者Xさんが登場した。

Xさんは、自身の新人時代の体験として、

「取材相手に突然胸をわしづかみされ、社に戻って男性の先輩に相談したところ、『これくらい我慢しろ』と言われてしまった」

「(当時)その場ではショックで何も言えない」

「とても受け止められなかった」

「私の場合は、他の会社の先輩記者に相談して解決を図っていった」

などと、実名で告白した。

朝日新聞は2018年4月17日の社説「財務次官問題 混乱は深まるばかりだ」で、

「本当に事態を解明する意欲があるのか」

「相手方の保護をどう考えているのか」

「ここでも一般常識との溝が際立つ」

と痛烈に批判した。

だが、Xさんの告白が事実ならば、朝日新聞(の先輩)は、実態を解明する意欲もなく、相手方の保護も考えず、Xさんのセクハラ被害について

「沈黙を強要=口封じ」

した疑いが浮上する。

まさに、「一般常識との溝が際立つ」のではないか。

2018年4月17日、

?Xさんは就業していたのか

?先輩社員の「これくらい我慢しろ」との発言は、セクハラ行為への口封じではないのか

?セクハラ被害の見過ごしは御社で常態化しているのか

などの質問状を朝日新聞に送った。

朝日新聞広報部は、Xさんの9年間の在籍を認めた上で、

「お問い合わせいただいた番組中のご発言については詳細を把握しておらず、コメント致しかねます」

「なお、弊社は『セクシャル・ハラスメントの防止に関する規定』を定めており、従業員から被害の申し出に対しては、会社として適切に対処しております」

と回答した。



●バイキング

2018年4月17日



内容:財務省の福田事務次官がセクハラ疑惑に対し音声の相手は女性記者じゃないと週刊新潮の記事を完全否定!財務省VS新潮の行方は!?

「胸をわし掴みに」元女性記者が苦悩激白など

出演:坂上忍、柳原可奈子、高橋真麻、ヒロミ、YOU、小籔千豊、サンドウィッチマン



●(社説)財務次官問題 混乱は深まるばかりだ

2018年4月17日05時00分



政権の統治能力が疑われる事態である。

森友問題をめぐる決裁文書の改ざんや口裏あわせで揺れる財務省で、今度は事務方トップのセクハラ疑惑が表面化した。

福田淳一事務次官が女性記者を自宅近くのバーに呼び出し、

「胸触っていい?」

浮気しよう」

といった言葉を繰り返したと、12日発売の週刊新潮が報じた。

その時のやりとりとされる音声データの一部も、ネット上に公開されている。

財務省はきのう、部下である官房長らの聴取に対し、福田氏は疑惑を否定したと発表した。

だが、与党内からも辞任を求める声が上がっており、混乱は収まりそうにない。

この間、福田氏は記者団から逃げ回り、取材にまともに答えようとしなかった。

報道が事実と異なるのであれば、ただちに反論できたはずなのに、なぜそうしなかったのか。

氏は一方で、

「報道が出てしまったこと自体が、不徳のいたすところ」

などと述べているという。

どういう意味なのか。

記者会見を開いて、自らの口できちんと説明するべきだ。

麻生財務相の対応の鈍さ、危機感の薄さにも驚く。

報道当日、国会で追及されると、本人から簡単な報告があったとしたうえで、

「十分な反省があったと思うので、それ以上聞くつもりはない」

と、事実確認すらしない考えを示した。

翌日の記者会見では、

「事実だとするなら、それはセクハラという意味ではアウトだ」

との認識を示しながら、

「本人の長い間の実績等々を踏まえれば、能力に欠けるとは判断していない」

と擁護した。

官房長に調査を指示したのは、音声データが公開されてからだ。

その遅ればせの調査についても、大きな疑問がある。

財務省の記者クラブに加盟している報道各社に対し、被害を受けた女性記者がいれば、同省が調査を委託した弁護士事務所に連絡して調査に協力するよう、文書で要請した。

要は、女性の側に名乗り出よということだ。

「不利益が生じないように対応する」

と言ってはいる。

だが、それを保証する手立てや寄せられた情報の扱いについては何の言及もない。

本当に事態を解明する意欲があるのか。

相手方の保護をどう考えているのか。

ここでも一般常識との溝が際立つ。

森友問題ですでに財務省の信頼は地に落ちている。

国の予算と税制を差配する要の役所がこのありさまでは、政権自体が立ちゆかない。



●「究極に頭が悪い」高学歴エリートとは

2018年4月13日

著名人や政治家を「頭が良い、悪い」と評価する場面が、ソーシャルメディア上ではよくある。

私自身、安全保障法制への抗議デモが盛んだった2015年夏、ツイッター上で

「安保法案は憲法違反だ」

と叫ぶ人たちに、

「いや、憲法9条こそが憲法違反だ」

と主張したら、

「意味不明だ。頭が悪い」

と言われた。

憲法9条は、

「国民の生命と財産を守る」

という国の義務の履行を邪魔している。

だから、

「憲法9条こそが憲法違反だ」

という単純明快な論理だが、理解できない人は

「頭が悪い」

と私は思う。

いずれにしても

「頭が良い、悪い」という評価は主観的で相対的なものだ。

高学歴を経て、高い社会的地位に就いた人を、無条件に

「頭が良い」

と考える人は多い。

政治家や、裁判官、検察官、弁護士、中央省庁の官僚、大学教授、メディア関係者などである。

ところが、実際には、米国で

「IYI(Intellectual Yet Idiot)=知的バカ」

と揶揄される高学歴エリートが、日本もかなり多いと私は思う。

リベラルを自称する不寛容な人物のように

「自己矛盾に鈍感な人」

が典型例だ。

彼らはダブルスタンダード(二重基準)を平気で適用する。

「そんな行動は許せない」

と他人を批判しながら、自分自身もそれをやる。

暴力、人権侵害、言論弾圧、ヘイトスピーチ、差別、脅迫、迷惑行為、デマ拡散、捏造、不倫、いじめ、パワハラ、セクハラなどが得意だ。

また、「物事の優先順位を理解できない人」も多い。

自分の当選や立身出世が国益より重要な政治家や、視聴率や売り上げを伸ばす目的でフェイクニュースを垂れ流すメディア関係者、国益より省益やプライドが優先の官僚などである。

米国でもドナルド・トランプ政権の誕生後、深刻な問題が起きている。

米国では、共和党と民主党の間で政権交代が起きると、行政組織の幹部が約3000人も解雇されて入れ替わる。

だが、その下には解雇されない官僚もいて、彼らは「ディープステート」と呼ばれている。

その大半がトランプ嫌いなので、情報リークやサボタージュなど暴走を続けている。

FBI(米連邦捜査局)による「ロシアゲート捜査」も、この1つと言える。

本来、選挙を通じて選ばれた「国民の代表たる政治家」は、軍隊だけではなく官僚組織全体が暴走しないよう管理監督する責任がある。

防衛省、財務省、文部科学省の問題を考えると、日米ともその体制が不十分だった。

政治家は与野党問わず協力して法整備に取り組むべきだが、米国の民主党も日本の無責任野党も、政争の具にだけ利用して外国勢力を喜ばせている。

究極に頭が悪い。

この回答は、あなたのお役に立ちましたでしょうか?
いろんな意見や考え方があると思います。

GPSレンタルサービスのイチロクさんが扱っている商品でプロのものに負けない性能をもつのが【>>Pro-GPS】です。
私もイチロクさん商品の中でもイチオシです。

Pro-GPSは小型で無音、さらには他の電子機器への影響もありません。これは便利ですね。イチロクさんの公式サイトでも「見つからない」というところにこだわった商品ということがよくわかります。

>>Pro-GPSはこちら

▼GPSでできる浮気調査▼
イチロク
>>まずはキャンペーンをみよう

ほかにも、楽天市場でも役立つものもたくさんあります。
>>楽天で探す

浮気調査に詳しい管理人からの補足コメント




◆●【ビビット】セクハラ音声は3か所を合成か「男性ボーカル」「キャバクラ」「居酒屋」



【3か所を合成した可能性】財務省・福田淳一事務次官のセクハラ問題で週刊新潮が公開した音声データを声紋鑑定。

・本人の可能性90%超

・異なる音声を繋ぎ合わせた可能性

・男性の楽曲、ホステスのいる店、鉄板焼き&バーテンダーの3か所の可能性

半端ないなビビット。どうすんのこれ。#ビビット pic.twitter.com/nM2M1HN7I3



●≫財務事務次官のセクハラ疑惑、週刊新潮が音声データ公開

─2018年4月13日23時50分─





●福田淳一のセクハラ音源データは捏造の可能性が!

女性記者はでっち上げでフェイクニュースの恐れも



◆福田氏の聴取結果について

NHKニュースが福田事務次官のセクハラ問題に関する聴取結果の全文を掲載しています。

2018年4月16日 14時13分

ここでは、その中の一部を抜粋し引用してご紹介します。



<(1)週刊誌報道・音声データにある女性記者とのやりとりの真偽

週刊誌報道では、真面目に質問をする「財務省担当の女性記者」に対して私(福田事務次官)が悪ふざけの回答をするやりとりが詳細に記載されているが、私(福田事務次官)は女性記者との間でこのようなやりとりをしたことはない。

音声データによればかなり賑やかな店のようであるが、そのような店で女性記者と会食をした覚えもない。

音声データからは、発言の相手がどのような人であるか、本当に女性記者なのかも全く分からない。

また、冒頭からの会話の流れがどうだったか、相手の反応がどうだったのかも全く分からない。

(2)週刊誌報道・音声データにある女性記者の心当たり

業務時間終了後、男性・女性を問わず記者と会食に行くことはあるが、そもそも私(福田事務次官)は、女性記者との間で、週刊誌報道で詳細に記載されているようなやりとり(また、音声データ及び女性記者の発言として画面に表示されたテロップで構成されるやりとり)をしたことはなく、心当たりを問われても答えようがない。

(3)普段から音声データのような発言をしているのか

お恥ずかしい話だが、業務時間終了後、時には女性が接客をしているお店に行き、お店の女性と言葉遊びを楽しむようなことはある。

また、仲間内の会話で、相手から話題を振られたりすれば、そのような反応をするかもしれない。

しかしながら、女性記者に対して、その相手が不快に感じるようなセクシャル・ハラスメントに該当する発言をしたという認識はない。>



これは財務省が行った聴取の結果であり、福田事務次官がコメントを残したとされる全文の抜粋なのですが、この文章を見ても、福田事務次官は一貫して

「女性記者にはセクハラをしていない」

という旨のコメントを残しているのです。



◆TBSの取材では?

しかしながら、JNNすなわちTBSの取材では福田事務次官はセクハラ発言を認める

供述をしていると言うことです。



<“セクハラ発言”疑惑、福田事務次官“公開音声は自分のもの”

─16日10時56分─

女性記者へのセクハラ発言疑惑をめぐり、財務省の福田淳一事務次官が内部調査に対して、“公開された音声は自分のものである”と認めていることがJNNの取材でわかりました。政府・与党内からは、“早期の辞任は避けられない”という見方が強まっています。>



問題となっているのはTBSのニュースサイト「TBS NEWS」が2016年4月16日10時16分に掲載したニュースです。

このサイトのテキスト部分には、

「公開された音声は自分のものである」

と福田事務次官が認める発言をしたとされているのですが、サイトに埋め込まれている動画を確認したところ、テロップとキャスターが読む原稿や音声では

「公開された音声は女性記者に対する自分の発言」

と不自然に”女性記者に対する”という文言が付け加えられているのです。

これに対して、ネット上からは

「明確に追加された文言があるというのは、間違いなくフェイク」

という指摘が挙がっています。



◆週刊新潮も捏造か?

この動画でおかしな点は、 福田事務次官の声は肉声で聞こえているのに対して女性記者の声はテロップのみで掲載されているという点です。

女性記者に対してセクハラ発言をしているのであれば、肉声があってもおかしくありませんし、身元がバレるのが怖いのであれば音声を変えてでも公開できたはずですが、週刊新潮の動画には肝心の女性記者の肉声は記録されておりません。

そして、TBS系列の情報番組であるビビットでは、この週刊新潮の声紋分析を行った結果、別々の場所で録音された異なる福田事務次官の音声をつなぎ合わせたデータをセクハラ音源として公開した可能性があることを示唆しています。

つまり、これが事実であるとするならば、週刊新潮の音声データは全くのデタラメで女性記者に対するセクハラの事実はないということになるでしょう。



◆女性記者が名乗り出ないのはおかしい

時事通信社によれば、このセクハラ問題に関して麻生財務大臣が言及したということです。



<麻生太郎財務相は17日の閣議後の記者会見で、財務省の福田淳一事務次官のセクハラ疑惑を調査するため同省を担当する報道機関の女性記者に協力を要請したことについて、

「本人が出てこなければどうしようもない」

と述べた。

被害者とされる女性記者が申し出なければ、セクハラと認定するのは難しいという認識を示したものだ。

性的被害では被害者が自発的に名乗り出にくいとされている。

麻生氏は

「次官に人権はないと言うのか」

と述べ、疑惑を報じた週刊新潮の記事を一方的に信じることはできないと強調した。

(2018/04/17-12:26)>



もし本当にセクハラほ被害にあっているという記者がいれば、名乗り出ることも可能ですし、週刊新潮が取材を試みて記事にすることも可能でしょう。

しかしながら、性犯罪の被害者は名乗り出にくいということを差し引いても、被害にあった女性記者本人が出てきていない以上は、セクハラの事実はないもしくは捏造されたという疑惑が浮上します。

もしも仮にこの女性記者と会合したとされる場所があるのであれば、週刊新潮は音声データを入手することが出来るのですから、防犯カメラの映像を入手することくらい容易にできるのではないでしょうか?

もしも女性記者と福田事務次官が会ったとされる飲食店に2人が映っている映像が確認できれば、セクハラの事実はよっぽど信憑性が高まりますが、福田事務次官側のみの音声データとテロップを繋ぎ合わせた動画をセクハラ音源として公開した週刊新潮は、捏造と言われても仕方ないでしょう。

位置情報サービスのイチロクはキャンペーンが多いので、初めて利用する人にとってはうれしいですね。
特にお手軽GPSとPro-GPSのキャンペーンは必見です。
レンタル期間が長ければ長いほど割引される額も大きくなります。またそれとは別に期間限定でキャンペーンなども行っていますのでお早目に確認してください。

>>Pro-GPS
>>お手軽GPS
>>Pro-GPSプラス
>>楽天市場

▼不倫・浮気関連動画▼
▼いますぐクリック▼
イチロク



GPSで不倫調査 > 浮気不倫調査のQ&A > 浮気調査関連のQ&A > 福田次官、辞めるくせして、逃げてるんですか? 分かりません、接客業…|浮気調査、セクハラ、福田事務次官、福田次官、福田、週刊新潮、財務省、ダブルスタンダードについての質問